工務店=快適な暮らしを奏でる指揮者

アーティストのような一面と、建築のプロとしての一面を

みなさんは、家を新築しようと決心した時、どこに相談に行きますか?


住宅展示場や内覧会に行ってみたり、ハウスメーカーのホームページを確認して、デザインや価格を比較検討する方が多いのではないでしょうか。


でも、その家選び、ちょっと待って!


言うまでもなく、家は一生に一度の大きな買い物。

これからずっと快適に暮らせる家、がまんの無い生活を過ごせる家を建ててくれるパートナー、なにかあったら駆けつけてくれるパートナーを見極めることが最も大切です。


家を建てる側(ハウスメーカー、工務店など)に求められるのは、材料の選択、費用対効果、デザインのコーディネート力、工夫といった、アーティストのような一面と、建築基準法・省エネ基準の「数字」を見て家を創るサイエンティストのような一面があります。


家づくりは、ハイスペック・ハイライン(オーバースペック)にすれば良いというわけではなく、これ以上やらなくて良いというコスパの良いラインがあります。


ご予算に応じて、「数字」をどれくらい上げておけば良いかといったバランス感のある、ビルダーを選びましょう。


同じメイク道具を使っても、顔つきにより仕上がりが異なるのと一緒で、お客様のご希望やライフスタイル、土地の表情により、2つとして同じ間取りの家は生まれません。


高橋工務店は、お客様にとって「ただ一つの家」を大切にコーディネートいたします。



0回の閲覧