断熱材施工後の温度環境をサーモカメラでお届け!

冷え込みが厳しい真冬の山形。外気温と建築中の現場の温度の驚きの違いは・・・!?


こんにちは、高橋工務店です。

今日は、建築中ではありますが、12月初旬の山形の現場で家の外と中の温度環境についての調査をしてきました。


あいにく、当日は雪がちらつくようなお天気で、外壁は1~2度。


「寒いので中に入ります。」


すると・・・一気に小春日和!

暖を取るのに使っているのは・・・

なんと、小型ファンヒーター1基のみ!(ちょっと、ちらかっていてすみません)


大工さんは薄着で作業中です。

今回、冬の寒い夜にファンヒーターひとつで現場作業をしている職人さんが汗をかいているほど温かいということをきっかけにこちらの動画を撮りました。


床から壁・天井まで吹き付けた「マシュマロ泡断熱(フォームライトSL)」に蓄えられた熱が、輻射熱として家の中をしっかり温めている様子が伝われば幸いです。


高橋工務店は、省エネルギー基準へ適合した、長寿命型・高度省エネ型の冬温かく、夏涼しい家。家族それぞれのライフスタイルを、より心地よく、楽に過ごせる住まいをコーディネートします。

0回の閲覧