家を建てる前に

ZEH

(ゼロエネルギーハウス)

ZEH(ゼッチ)

ゼロエネルギー住宅とは…?

ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は

住まいの「一次エネルギーの年間消費量」を
「省エネ&創エネ効果」を組み合わせて

おおよそ“ゼロ”になる住宅のことです。

一言でいえば…

発電する量が消費エネルギーより多いということです。

※一次エネルギーとは?
石炭、石油、天然ガス、水力、原子力、風力、地熱、太陽エネルギーなど自然から直接採取されるエネルギーのことです。一次エネルギー消費量は住宅の冷暖房、給湯、換気、照明に必要なエネルギー消費量のことを指しています。

ZEHが住宅の「当たり前」になる

日本政府では

「2020年までにネット・ゼロ・エネルギー・ハウスを標準的な住宅にする」

と、目標を掲げています。

世界でもこの動きは進んでおり、

省エネ等無駄なエネルギーを減らしていく

ゼロエネルギー住宅の動きは標準の基準となっていきます。

近い未来、ZEHが日本の住宅のスタンダードとなります。

CHECK!

ZEHの補助金について

ZEHの補助金対象

省エネ設備 / 建物の断熱化 / 蓄電システム

交付要件

・一定の断熱性能を満たすこと。(地域区分で定められた基準)
・設計一次エネルギー消費量は再生可能エネルギーを除き、基準一次エネルギー消費量から20%以上削減されていること

補助金額および上限額

①補助対象住宅
・交付要件を満たす住宅
 一戸あたり 定額 75万円(地域区分・建物規模によらず全国一律)
・交付要件を満たし、寒冷地特別外皮強化仕様
 (1,2地域において外皮平均熱貫流率(UA値)0.25以下)の住宅
 一戸あたり 定額 75万円

②蓄電システム
蓄電システムの補助額 : 蓄電容量※2 1kWh当たり4万円
蓄電システムの補助額上限 : 補助対象経費※3 の1/3または40万円のいずれか低い金額

※2 補助額計算上は蓄電容量小数点第二位以下は切り捨てとなります。
※3 補助対象経費とは本体および設置工事費の合計を指します。

ZEHについては

お気軽に当社にお問い合わせください。
 

補助金に関しての詳しい内容は、一般社団法人環境共創イニシアチブのホームページへ